家具の修理

例えば、張地が破れた状態でも掛けられる椅子、引き手が無くなっても使える食器棚など、「使えないわけでもないのだから・・・」でも、痛んだ家具を少し修理するだけで、きっとお部屋全体のイメージもよりよくなり心地よさが得られるようになると思います。
ちょっとした修理でもお客様の快適なインテリアライフの応援を致しております。

▶▶▶ブログでもその他の家具の修理例を公開しています。

家具の修理例

ダイニングチェアのシートの張替え

syuuri-2012-2-1.jpg

 

 

 

reform_01.gif

 syuuri-2012-2-2.jpg                 

20年ほど前にお買上頂いたカリモクのダイニングチェアの座面が傷んだ為、シートの張替えを賜りました。

内部のウレタンとウレタンチップも交換させて頂きました。

 

         
 IMG_0373.JPG

 

 

reform_01.gif

IMG_0386.JPG  

シートの張替えと内部ウレタンの総入れ替え及び、ぐらつく木部接合部分を締め直し致しました。

         
 t02200165_0800060013232201725[1].jpg

 

 

reform_01.gif

t02200165_0800060013232201726[1].jpg   20年程前にお客様がご新築時に当店で購入頂いたカリモク製ダイニングチェアのシートが破れて来た為、張替えさせて頂きました。

豊明木工食堂椅子の背座張替え、食堂テーブル再塗装修理

o0800060013020783631[1].jpg

 

 

 

reform_01.gif

 o0800060013020786093[1].jpg      

カリモク家具のグループ会社の豊明木工製ダイニングチェアの背もたれの籐張替え修理を承りました。

 また、チェアの座面張替えとテーブルの再塗装も承りました。

 

 

 

           

 

 

 

o0800060013020027131[1].jpg 

 

reform_01.gif 

 

 

 

o0800062213020028660[1].jpg    

 

 

 

           

 

 

 

 

カリモクダイニングチェアのぐらつき修理

 

o0800060013491920451[1].jpg

矢印右

o0800060013491920454[2].jpg

ダイニングチェアのぐらつき修理

緩んだ接合部分(ほぞ)をすべて解体して、特殊な接着材を利用して締め直します。

 

 

 

 

 

飛騨産業ダイニングチェアのぐらつき修理

 

o0800060013667590295[1].jpg reform_01.gif o0800060013667590296[1].jpg

飛騨産業ウィンザーチェアの修理

木部接合部分が緩んでぐらついてきた為、締め直しをさせて頂きました。

柏木工ダイニングテーブルの再塗装とチェアの張替え

ダイニングテーブル修理前

矢印右

ダイニングテーブル修理後

長年使用でテーブルの天板の変色や傷が目立ち、ダイニングキッチンのリフォームを機会にチェアの張替えとともに修理を承りました。 深い傷は残りますが、無垢材なら一度天板の塗装を落として、サンダー掛けをすれば、少々のすり傷や変色も目立たなく再塗装で修理が可能です。

飛騨産業ダイニングチェアの修理

飛騨産業ダイニングチェア修理前

矢印右

飛騨産業ダイニングチェア修理後

通常、食堂椅子の籐の背張りを張替える場合は、同じ籐で張り替えをおすすめしておりますが、今回はお客様のご要望により背張りを座面と同じ合皮張りにて承りました。また、ぐらつく接合部の締め直しや傷ついた木部は部分塗装を致しました。

カリモク革張りソファ修理

カリモク革張りソファ修理前1

カリモク修理前2

reform_01.gif

カリモク革張りソファ修理後

カリモク革張りソファ修理後2

張り地の色はグレーからシックなダークグリーンの革へ張替え。
内部のウレタンや綿の交換はもちろん、傷のついた肘部は再塗装をして、見た目新品です。

 
 
 
 

カウンターチェアの変身

カウンターチェアの変身

矢印右

カウンターチェアの変身

既存のチェアをご新築を機にキッチンカウンターの色に合わせたいとのご要望でフレームカラーをチェリー色からウエンジ色に塗り替え。張地はフレームの色に合うアイボリーの布に張替え。

机の再塗装と引出しの修理

机の再塗装と引き出しの修理前

矢印右

机の再塗装と引出しの修理後

お客様より修理のお話があると買い替えをおすすめした方がとか、正直言って気持ちにブレがあります。
買い替えとなれば、その家具は粗大ゴミと化してしまいます。
逆に言えば、消費が減るわけで、複雑な思いがあります。
ただ、お客様の想い出いっぱいの家具が綺麗になると、とても気持ちがいいです。いつも。

帳場箪笥の修理

帳場箪笥修理前

矢印右

帳場箪笥修理後

無塗装のヒノキ材の帳場箪笥の修理。
仕上がりのイメージが大きく変わる着色の有無についてお客様は迷われましたが、既存の家具との調和もあり少しアンティークな雰囲気のあるダークブラウン色でリメイク。また、スムーズな収納が出来るようご希望の為、すり減った内部部材の交換や引出し調整も行いました。
時代に合わないと物置に眠っていた箪笥がお客様をお迎えする玄関ホールで日の目をみました。

桐箪笥修理・洗い例

桐箪笥修理・洗い前1

桐箪笥修理・洗い前2

矢印右

桐箪笥修理・洗い後

お客様から一言「これって我が家のたんす!?見違えるほどキレイ。」

▶▶▶ブログでその他の家具の修理実例を公開しています。

土岐、多治見、瑞浪の3市は見積もり無料です。お気軽にお問合せ下さい。

但し、修理が出来ない商品等もございますので、予めご了承願います。